cart

強くしなやかで美しいモロッコの女性たち。彼女たちのライフスタイルには、いつもアルガンオイルやローズウォーターといった、モロッコ独自の化粧品があります。その魅力を日本の女性にも伝えたい…、ディレクター大原真樹の、そんな長年の想いをかたちにしたのがfleur de fatima(フルールドファティマ)です。モロッコのワイルドな自然をそのままスタイリッシュなボトルに詰めたシンプルで力強いアイテムたちは、あらゆる化粧品を使ってきた日本女性にこそ実感していただきたい「本物」ばかりです。ひとたびその魅力に触れれば、使いやすさと心地よさの虜になるでしょう。

肌になめらかなツヤを与える
ワイルドな美容オイル

モロッコ南西部の乾燥地域に自生するアルガンの木は、50℃を超える高温や乾燥にも耐え抜きます。この木がつけるオリーブのような実の種を搾って得られるアルガンオイルは、肌にうれしいオレイン酸などの必須脂肪酸やビタミンEを含んでいます。こっくりとしたテクスチャーと肌なじみのよさが特徴で、のせた後の肌はふっくらやわらかく、表面はすべすべ。濃密な潤いとハリを実感していただけます。

「ローズの女王」と呼ばれる
類稀なる芳香を持つ花

モロッコの南、アトラス山脈を越えたサハラ砂漠手前にある「バラの谷」に咲き誇るダマスクローズ。女性らしさを高めてくれるようなその芳香は、あのクレオパトラも溺愛したとか。早朝5時頃からのわずかな時間に一輪ずつ手作業で摘み取られ、その日のうちにエッセンシャルオイル(精油)に。1g抽出するためには、ローズの花が2,000輪以上も必要となります。ダマスクローズには、肌に潤いを与えて引き締めてくれるスキンケア効果も期待

小さな種子が秘めている
大人肌をケアする魅力

近年注目を浴びるモロッコの美容成分、それがウチワサボテンの種子を絞った「サボテンシードオイル」です。種が非常に小さいため大変手間ひまがかかり、サボテンシードオイル1リットルのためには30キロの種が必要といわれます。肌にハリを与える、肌をふんわりとやわらかく、しっとりした状態に整える、肌キメを整えてなめらかにする、肌荒れを防ぐなど多岐にわたるスキンケア効果が期待できます。薄くピタッと肌になじむ感触も魅力です。

モロッコではお茶としても親しまれる
やすらぐ香りのハーブ

レモンのようにさわやかな芳香のレモンバーベナは、細長い葉のハーブ。モロッコではリラックスタイムのティーとして親しまれています。fleur de fatima(フルールドファティマ)では、このリフレッシュできるレモンバーベナの香りを、アルガンオイルやバスオイルなどのほか、スキンケア「バランシング ライン」に採用。カームダウンしながらバランスをととのえてくれる香りが、多忙な日本女性の肌を朝晩やさしく包み込み、サポートします。

BRAND STORY
「これしかない」と確信したものだけを